ファッション雑誌でも話題に!お腹凸凹ダイエットとは?

いつでもどこでも簡単に実践できて、しかもちゃんと効果があるエクササイズってない?
こんな都合がいいことを考えているあなた、そんなエクササイズはない!と、言いたいところだったのですが…。
ありました。
それは、雑誌「美的」でも話題になったお腹凹凸ダイエットです。

話題沸騰!お腹凹凸(ペコポコ)ダイエットとは?

実際にやってみると本当に簡単すぎで、こんなエクササイズで本当に痩せるの?と、思わず不安になってしまいそうなお腹凸凹ダイエット!
このエクササイズは無理なくお腹周辺の筋肉を鍛えることも可能です。
毎日根気よく続けて無駄な脂肪を撃退していきましょう。

お腹凹凸ダイエットのやり方

  • 両足をリラックスした状態で肩幅に開いて立ちます。
  • ギュッと腹筋に力を入れて、1~2秒かけてお腹を凹ませます。このときには、腹筋の力だけでお腹を凹ませるように意識してください。
  • 1~2秒かけてお腹を前に出しますが、このときにも腹筋の力だけで出すことを心がけましょう。お腹を凹ませた反動で前に出そうとすると、肝心の腹筋が使われず、エクササイズにならないので注意してください。

これらの3ステップで終了です。
簡単すぎて、ちょっと拍子抜けしてしまったかもしれませんね。
このエクササイズを上手に行うコツは、引っ込めるときも前に出すときも、必ず腹筋の力だけで行うということです。
はじめは少し難しいかもしれませんので、慣れるまではお腹に手を当てた状態で実践してみると良いでしょう。

以前にドローインという呼吸法がブレイクしたことがあり、それとお腹凹凸ダイエットってちょっと似ているな、と感じた方がいるかもしれません。
ですが、ドローインでは呼吸に合わせて腹筋を使わなくてはならず、初心者にとっては少々ハードルが高いという難点がありました。
ですが、お腹凹凸ダイエットなら呼吸に合わせて腹筋を使う方法ではないため、運動が苦手、呼吸法が苦手という方でもお手軽に行うことができるというメリットがあります。
ドローインが行えなかった方も、この機会にお腹凹凸ダイエットをマスターし、効率の良い脂肪燃焼効果を狙ってみると良いでしょう。
実践する回数については特に制限がありませんので、1日の中の空き時間に数回実践してみることをおすすめします。

お腹凹凸ダイエットに期待できる5つの効果

①内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼

お腹の脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。
これらの脂肪を燃焼させるためにはインナーマッスルを鍛えなくてはなりません。お腹凹凸ダイエットでは、リラックスした状態でお腹周辺の筋肉をしっかりと鍛えることができますので、内臓脂肪、皮下脂肪ともに効率良く燃焼させることができます。

②内臓の冷えを解消

冷たい食品の摂取や運動不足などによって起こりやすいのが、内臓の冷えです。
内臓の冷えには自覚症状がありませんが、冷えたままの状態が長期間続くと、それが原因で生理不順が起こったり脂肪がつきやすくなったりすることがあります。
お腹凹凸ダイエットは腹筋を鍛えるときに内臓にも刺激を与えますので、内臓の冷え解消効果も期待できます。

③便秘の解消

エクササイズで腸が刺激されることによって、便秘の解消効果も期待できます。
便秘はそれだけで辛いものですが、慢性化するとますます腸内環境が悪化して、肌荒れが起こったり体臭がきつくなったりする恐れも。
さらに、痩せにくい体質になってしまうこともありますので、できる限り早急に解消しておかなくてはなりません。
長年の便秘に悩まされ続けている方もこの機会にお腹凹凸ダイエットを実践して、辛い便秘にサヨナラを告げましょう。

④姿勢の改善

このエクササイズは立ち姿勢で、しかも背筋を伸ばさないと実践することができません。
つまり、お腹凹凸ダイエットを習慣的に実践することが姿勢の改善にもつながるということです。
猫背が習慣になっていると顔に重量がかかり、頬のたるみをつくり出すことがあります。
そして、姿勢を正して重量を分散させてしまえば、顔にかかる重量が減ってたるみの予防に役立ちます。
猫背が習慣になっている方は、気がついた時点でエクササイズを行い、身体に正しい姿勢を覚え込ませましょう。

⑤腰痛改善

腰痛は、腹筋と背筋のバランスが崩れたときに起こりやすくなります。
つまり、どちらか一方を鍛えても腰痛の改善は難しいということですが、お腹凹凸ダイエットは腹筋と同時に背筋も自動的に鍛えられますので、腰痛の改善にも役立ちます。
また、加齢で腹筋や拝金が衰えることが腰曲がりの原因になることがありますので、将来的な腰曲がりを予防するためにも、今からお腹凹凸ダイエットを実践して、腹筋と背筋を鍛えておくと良いでしょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る